会則

士業分科会会則

2005年 11月19日 制定
2016年 11月19日 一部改正

第1章 総則

第1条
本会は、やまぶき会医療分科会と称す。
第2条
本会は、会員相互の親交と交流を図り、専門分科会として母校の発展に寄与することを目的とする。
第3条
本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。

第2章 会員

第4条
本会の会員は、洛南高等学校同窓会やまぶき会の会員のうち、次の士業に従事する者とする。ただし、士業に従事しない者であっても幹事会の承認を受けた者は会員となることが出来る。
  1. 一級建築士
  2. 行政書士
  3. 公認会計士
  4. 司法書士
  5. 社会保険労務士
  6. 税理士
  7. 中小企業診断士
  8. 土地家屋調査士
  9. 不動産鑑定士
  10. 弁護士(司法修習生を含む)
  11. 弁理士

第3章 役員

第5条
本会に次の役員を置く
  1. 会長    1名
  2. 副会長   若干名
  3. 会計幹事  1名以上
  4. 幹事    若干名
  5. 監事    1名以上
第6条
役員は会員の中から総会において選任する。
第7条
役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
役員は、任期満了後も次期役員改選まで、その任にあたる。
第8条
会長は、本会を代表し、会務を総括する。
副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはこれを代行する。
監事は、会計に関する事項を監査する。
第9条
本会は、幹事会の議を経て顧問を置くことができる。
顧問は、幹事会に出席し、意見を述べることができる。

第4章 総会

第10条
本会は、2年ごとに1回総会を開催する。ただし、幹事会において必要と認めたときは臨時総会を開催することができる。
第11条
総会は、会長が招集する。
総会の決議は、出席者の過半数をもって行う。
第12条
会長は、前年度収支決算及び事業報告並びに当年度予算及び事業計画を総会に提出して承認を受けなければならない。

第5章 幹事会

第13条
幹事会は、会長、副会長、会計幹事、幹事により構成する。
第14条
幹事会は、本会の常務を決定し、執行する。
幹事は幹事会に出席して意見を述べることができる。
第15条
会長は、幹事会を招集し、主宰する。
副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはこれを代行する。
会計幹事は、本会の資産及び予算、決算に関する事務を行う。

第6章 会計

第16条
本会の経費は、会費、寄付金その他の収入を以てこれに充てる。
会費の額は、幹事会において定める。

附則

2005. 11. 19制定
この会則は、2005年(平成17年)11月19日から施行する。

2016. 11. 19制定この会則は、2016年(平成28年)11月19日から施行する。